読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメ人間自己更生記録

就活やばいンゴ

「ちょっとした贅沢」すらできないようになりました

お題「ちょっとした贅沢」

 

 

こんに

 

f:id:biju2:20170512090930p:plain

 

 

大学に行こうと思って早起きをしました。しかし、昨日、いつもと違う枕で寝たことにより、朝から頭痛に苛まれています。枕大事。

暇なのでお題スロットというものを回しました。初めてのお題スロットです。テーマは「ちょっとした贅沢」

 

贅沢。というと、私はお買い物が浮かびます。ショッピング。可愛いアクセサリーや服を買ったり、本やCDを買ったり。すっごい楽しいですよね。

 

最近、気付いたことがあります。

それは、元気がないと、贅沢はできないということです。

元気がないときは贅沢をしちゃだめ!と言っているのではありません。本当に”できない”んです。不可能なんです。私の場合。

私は今、就職活動に励んでいます。2、3月ごろから面接やら説明会やらに行き、胃痛に苦しみ、めまいによろけています。「私はあほやから、ストレスなんて感じないやで~ガハハ!!!」と思っていましたが、全然違いました。本当に、本当に身体に不調が現れるんですね。

 

就職活動では、意外と必要なものが多いです。スケジュール帳やストッキング。必需品です。買わねばなりません。…買えません。買えなくなりました。

私は、毎年スケジュール帳を選ぶのが大好きで、高校の頃から、春になるとスケジュール帳探しの旅に出かけていました。今年も旅に出ました。就職活動の息抜きにもなるだろうし、と思って。梅田のロフトへ向かいました。でも、だめでした。買えません。ほしくないんです。

色とりどりに並んだスケジュール帳。おしゃれなものもたくさんありましたが、「去年の私なら、これ、好きそうだな」と思うばかり。「欲しい」「買おう」という感情が全く生まれません。

スケジュール帳だけではありません。ストッキングも買えない。破れちゃって、もう2足しか残っていないのに。買えない。それだけではなく、嗜好品も買う気が起こりません。大好きだった小説やCDが買えないのです。一言で表すと、なんかもう、面倒くさいんです。

 

お買い物は、贅沢は、元気がないとできない。

就職活動を通して、購買とは非常にレベルの高いものなのだと知りました。

ですので、どうしても買わなきゃならないものがあるときは、誰かと一緒にいるときに買います。「これ買わなきゃだめなんだー!」と人に伝え、購買を見届けてもらう。見張られているから、購入できる。

 

私は、どうなってしまうのでしょうか。今まで普通にできていた、いや、楽しんできたお買い物が、贅沢ができないなんて。

就職活動、恐るべし。

 

そして、当たり前のようにお買い物が出来ている人、贅沢が出来ている人に伝えたい。それは、当たり前ではないのかもしれません。

当たり前が当たり前じゃなくなる。それは、とっても恐ろしい事です。

 

いつか私は、ストッキングをすべて破いてしまうかもしれません。それでも、破けたストッキングをこそこそ履いているかもしれません

周囲の人は笑うでしょう。そして恐らく、私のことを「破けたストッキングを履き続ける駄目な人」と思うでしょう。

しかし、駄目にも理由があるのです。意味が分からないかもしれませんが、どうしても買う気が起きないんです。欲しくないんです。どう思われようと、購買意欲がまったく湧かないのです。

 

皆さんの周りに、ぼろぼろになったものを使い続けている人がいるかもしれません。「お金ないんだ」「けちなんだ」「だらしない」という感想の中に、「元気がないのかな」もいれてあげてください。「お買い物に行って、一緒に買おう!」と声をかけてあげても良いのかもしれません。